コロナ発症は4カ月でわずか!?

2933情報

12月27日リリースのネット版の業界新聞に掲載された記事から抜粋です。

全日本シティホテル連盟(JCHA、清水嗣能会長)は12月23日、会員ホテルを対象に実施した2020年8−11月の新型コロナウイルス感染症を発症した宿泊者数の調査結果を明らかにした。回答のあった224ホテルでは21人が発症、全宿泊者数に占める割合は0・0008%だったことがわかった。期間中の224ホテルの宿泊人数は251万5853人で、発症率としては10万人あたり1人に満たない0・84人。発症者が見つかった場合「保健所に連絡し対応」が14件、「近隣病院に連絡対応」が5件など。』/トラベルニュースより。

先述の数字を大きいと考えるか少ないと考えるか・・・、季節性のインフルエンザは毎年、約1,000万人以上が約半年の間で発症しています。新型コロナは約10ヶ月で約22万8千人・・・。致死率や後遺症、未知なるウイルス、ワクチンが無いなど比較する事柄ではありませんが、新型コロナウイルスの予防を心掛けることで、12月18日現在で確認されたインフルエンザ感染者数がたった383人との報告です。

厚労省インフルエンザ資料へ

ゼロになることは無いと言われていますが、アフターコロナと言われる時が来ても、今皆様が頑張っておられる感染症対策を心掛ければ、新型コロナウイルス、インフルエンザの罹患者数がきっと大きく減り、日本中の医療費の削減に寄与すると思います。

感染症対策の一つとして、分散型旅行があります。弊社でも動画を取り込んで以前ご紹介させていただきました。詳しくはコチラをご覧ください。

Goto分散型旅行ページ!

また、JCHAは『スタッフ全員がPCR検査を行った施設、館内消毒を専門業者に依頼したホテルもあった』と報告しています。受け入れ施設のスタッフ一人一人の高いプロ意識、絶対に自施設から感染者を出さないという決意も見受けられる数字だったと思います。

貝塚市のかいづか旅行センターは1月5日から、堺市中区のせんぼく旅行センターは1月4日から営業再開します!


毎日更新継続中!
2933バナークリックでランキングUPのご協力お願いします
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました