零細旅行会社の笑えない話。再延長申請は良いんですよ…

気になる業界ニュース

予想外と言えば予想外の緊急事態宣言vol.3の再延長。延長の時は、「素人の我々が最初から『2週間ではムリやろ?』」と思っていたのになぜか専門家の方たち、国会議員さんたちは2週間で解除を目指してくれて…、結果約2か月にわたる緊急事態宣言になりそうですね。

大阪府が緊急事態宣言の延長要請を正式決定 福岡はすでに要請(2021年5月25日)

延長自体はぜんっぜん、良いんです。塾事業がまだまだ動き出したところですので、しばらくは塾事業が熟すまで(うまい!)塾事業に専念したい気持ちもありますので、旅行業の休業Welcomeです!ただ、補償は公平にしてください(怒)

                    

国道では「不要不急の外出は控えて下さい」の看板が目を引きます。観光業旅行業は、飲食業のように国や自治体から直接的に時短や休業を要請されてはいませんが、お客様の動きを止める要請を国や自治体が率先して行っていますので、我々としては間接的に休業要請されてるようなもの、一週間ほ

資料が開きます

ど前のブログにも書きましたが、今年に入って5か月間売り上げが80%以上下がってる業界に無支援って、どれだけこの国は観光旅行業界に冷たいんだ!って思います。「今までのインバウンドで、Gotoで…」っていう方もいらっしゃるでしょうが、それだったら、JTBは資本金1億まで減らしませんって、KNT(近畿日本ツーリスト)も約97億円の債務超過になりませんって、コロナ禍初にして最大の倒産と言われる㈱ホワイトベアファミリーも倒産してませんって。
注)ホワイトべアファミリーは、民事再生手続きを経て企業活動継続中です。

                                             

先日京都新聞の電子版→ https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/567601 にて、『立民が議員立法で提出した観光関連業者への持続化給付金を検討するよう求めたが、赤羽氏は「Go To」の方が経済波及効果が大きいなどとし、直接給付には否定的な姿勢をにじませた』と記事があり、Gotoの方が経済波及効果は大きいのは明白ですが、いつ再開されるかどうかもわからないGotoまでこっちの体力が持ちません。国交省に本当にナニも支援策ないんですか?と尋ねたら、
国交省職員…「提案はしていますが、赤羽大臣になって、承認されにくくなりました」
ワタシ…「エッ!?ほんとですか」
国交省職員…「ハイ…」

ハッキリ言われました…( ;∀;)
自身が監督省庁の長を務めてる自覚あるのかな?自身が監督する業界を助けれなくて日本の経済助けれるかいな?ここまで来たら、旅行社の事業廃止はアンタのせいやで赤羽さん?4月&5月のわずか2ヶ月で廃業旅行会社は全国で100社以上!今年に入って200社以上が事業廃止…。旅行業仲間内では、「旅行業にとっては、コロナ禍よりも赤羽禍やな・・・」と嘆いています。

                    

巷では、報道でGotoの文字が出ると決まって二階さんの名前が出ますが、二階さんが会長を務めてる(本人知ってるんですかね?)全国旅行業協会は、Gotoトラベル事務局の端っこに名前連ねてるだけで、Gotoトラベル事務局は❝日本旅行業協会・全国旅行業協会・日本観光振興協会・JTB・KNT‐CTホールディングス・日本旅行 ・東武トップツアーズ❞、4企業3協会の共同事業体で事務局のテイを成しています。

Gotoトラベル事務局各組織を書いたらこんな感じ。

日本旅行業協会
会長 トップツアーズさん
⇓会員⇓
JTB(正会員)
日本旅行(正会員)
KNT(正会員)
トップツアーズ(正会員)
じゃらん(協力会員)
楽天トラベル(正会員)

などいわゆる大手旅行社

会社が大きいので、甚大な影響でも国や銀行は助けてくれる?

全国旅行業協会
会長 二階さん
⇓会員⇓
日本中の中小零細旅行社
←の関連企業が加盟していることはあります。


洒落にならない状況


会社が小さいので禁輸機関から追加融資も受けれない、国も業界支援無。

日本観光振興協会
会長 一般企業さん
⇓会員⇓
日本中の観光協会など

                    

7つの組織の連合体のうち、5つが日本旅行業協会加盟です。二階さんとこがナニ言うても…、ってのが旅行業界的な見方です。我々零細旅行社は、本来であれば今頃店頭で夏休みの旅行の問い合わせが増えてくる時ではありますが、各社の経営者さんともに、旅行自粛ムードのさなか、到底家賃と人件費を賄える売り上げが見込めないので、仕方なく休業。でも日本旅行業協会加盟の大手旅行社さんには、ネット販売があるじゃないか!!!? 今現在もどんどんどんどん販売できちゃってるんです!Gotoトラベル再開の時には店頭旅行社では売る商品がナイ!ということもあり得ます。大手さんはネット販売に注力している、できているので近い将来の売り上げに関しては少々明るい未来が見えてるんです。ついでに言えば、ネット販売の支払いの基本はクレジットカード決済なので、手元資金も回り始めてると思います。なので、Gotoトラベル再開後に日本旅行業協会加盟旅行社(≒大手旅行会社)がより商売しやすくするために、全国旅行業協会加盟の零細旅行社を淘汰するために、赤羽大臣は直接支援を拒んでいるのではないか? 二階さんは全国旅行業協会からの献金でやいのやいの言われましたが、赤羽さんは??? って仲間内では話してますとかしないとか、コワイコワイ(笑)

また、未だにGoto再開時の内容が一切発表されていません。「再開の際にはこういうルールで、この期間くらい予定します」ぐらい言ってくれても良いんじゃないですか?事務局さん?私たち同様に休業中ですか?

                    

参考記事→5月26日 トラベルビジョン4月27日トラベルビジョン3月30日トラベルビジョン2月25日トラベルビジョン1月28日トラベルビジョン
やはり全国旅行業協会加盟の旅行社の方が、圧倒的に多いですね…。
                                             

コチラはぜんぶ、日本旅行業協会加盟です。

楽天トラベル
最後までありがとうございます!
ミミちゃんをポチッとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

読者登録もいただけると嬉しいです
旅行会社の社長が毎日更新するブログ($・・)/~~~ - にほんブログ村

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました