言い訳が思いつきません・・・(´;ω;`)ウッ…

競馬

今週も先週に引き続き川田騎手にやられてしまいました・・・。勝負気配と思って買ったら来てくれないし、悩んだ挙句に切ったら来る。競馬あるあるですが・・・。買い目が増えればトリガミ決定だし・・・。昨日の投稿通り、サリオス、ペルシアンナイト、ワグネリアン、コントレイル、グランアレグリア、の4頭+レイパパレとブラヴァスでの馬連5頭BOXの買い方を朝から考えましたが、レイ

大阪杯買い目
大阪杯買い目

パパレの発表された馬体重が-4㎏。まだまだ成長途上じゃないといけないであろう明け4歳。コントレイルですら+16㎏。馬体重を見て購入候補から外しました。ブラヴァスは昨日の投稿の通り、レイパパレを物差しにして外しました。
                                             

日付レース名支出収入収支回収率
4/4大阪杯1,9000-1,9000.0%
    0#DIV/0!
 合計1,9000-1,9000.0%
4月収支

当初の予定通り、ペルシアンナイト、ワグネリアンを含めて馬連5頭BOXで買うと、そもそもコントレイルが連対を外すとは考えていなかったので、確実にトリガミ。

 支出収入収支回収率
1月6,5002,320-4,18035.7%
2月4,0006,4002,400160.0%
3月8,9004,910-3,99055.2%
4月1,9000-1,9000.0%
累計19,4008,720-10,68044.9%
累計収支

結局⇧⇧⇧の画像の通り、コントレイルから相手をサリオスとグランアレグリアの2頭に絞って勝った方が、外れても諦めがつく。と思ったのに・・・。ヨメ様はレイパパレの名前をあげてはいましたが、モズベッロは2人してあげていませんでした。テレビではモズベッロの重馬場への適性が高いことを解説していましたが、いくら高くても3強を上回る着に来るとは思えず・・・。

とんでもない馬が現れたのか単なるまぐれなのか・・・、今後が楽しみです。馬券購入した馬の前に2頭、この2頭がいなければ完璧な的中馬券だったのに・・・(´;ω;`)ウッ…

                    

2021年 大阪杯(GⅠ) | 第65回 | JRA公式

                                             

今週末は近年歴史的名牝が次々と誕生している大大大注目の桜花賞

昨年の桜花賞でGⅠ初制覇を果たしたデアリングタクトは、その後オークスと秋華賞も制し、史上初となる無敗での牝馬三冠を達成しました。また、一昨年2019年の優勝馬は、昨日のGⅠ大阪杯にも出走したグランアレグリア。同馬は2020年の安田記念、スプリンターズS、マイルチャンピオンシップを3連勝して、同年のJRA賞最優秀短距離馬に選出されました。さらに遡れば2018年の優勝馬アーモンドアイは、牝馬三冠を含むJRAの芝GⅠ8勝という、歴代最多記録を塗り替え、近年の優勝馬は3歳時だけでなく、古馬になってからも活躍を続けています。

今年の注目馬は血統や過去のレースぶりをみれば、牝馬三冠を狙うには課題が多いように思いますが、血統の常識やらなんやらを覆してくれる馬が出てきてくれるのも競馬の楽しみの一つですね。
                                             

最後までありがとうございます!
ミミちゃんをポチッとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

読者登録もいただけると嬉しいです
旅行会社の社長が毎日更新するブログ($・・)/~~~ - にほんブログ村


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました