周遊型のお問い合わせ増えています!

九州沖縄

コロナ禍の中、ご来店&ご相談いただくお客様、周遊型のお問い合わせが増えています。ご相談いただくお客様、だいたいご自身である程度のコースをお考えいただいて、ご自身で宿泊施設もご予約されてご来店されることもあります。が・・・、ほとんどのお客様のルート、大幅に変更してしまいます・・・(;^_^A いくつか明らかに理由があります。今回は❝旅行のプロ❞がプロの旅行行程の作り方を少しご紹介します。

                    

~基本ルール~

①一番遠いところから

②できる限り一筆書きで

③メインイベントを後半に!

①~③を基本に考えますが、それには必ず地図を見ながら考えます。今はグーグルマップなど便利なツールがありますので、立ち寄り地点ごとに移動距離と時間を検索します。立ち寄り先の滞在時間は大きな遊園地やテーマパークでもない限り1時間くらいで大丈夫ですので目安として考えます。

お客様が行程をお考えいただく際、ほとんどの場合で地図を用いてお考えいただいていないようです。それは、短距離を行ったり来たりしていたり、同一県内だからということで移動の所要時間を少なく見積もりすぎていたりしていることが多いことからわかります。また、傾向として「近いところから」訪れていく行程をお考えいただいているケースがほとんどで、最終日にいわゆる❝カツカツ❞の行程になっていることが多いです。そのあたりを客観的になるべく①~③に適合するように考えご提案します。

                                               

⇧⇧⇧⇧
ご相談にご来店いただいたお客様は、それほどこだわりがあったわけではありませんが、
①ハウステンボスに行って花を見たい。
②原爆資料館など長崎市内の観光をしたい。
③阿蘇山を眺めたい。
④無理のないコースを・・・

ご希望されてのご来店でした。今回のお客様は、ご自身でコースをお考えいただいていたわけではありませんが・・・、

今回は上手く一筆書きに作れました。どこがメインというようなことはおっしゃっていませんでしたが、強いて言えば阿蘇の観光を繰り返しご主人がおっしゃっていたので、「ご主人様は阿蘇観光をお楽しみされている」と推測して行程をご提案しました。お客様の何気ない一言にも注意して作成させていただきます。

行程にはご納得、ご予算も想定内のようでした。あとは実際にご出発いただき、無事にお帰り頂いて、土産話をお聞かせいただければ完了です!

                                             

最後までありがとうございます!
ミミちゃんをポチッとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

読者登録もいただけると嬉しいです
旅行会社の社長が毎日更新するブログ($・・)/~~~ - にほんブログ村


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました