沖縄のおススメリゾートホテルお答えします!

2933情報

と、言うものの、訪問時期と目的によって大きく大きく滞在におススメする地域じたいが異なりますので、訪問時期と目的も併せて参考にしていただきたいので、数回に分けてご紹介したいと思います。
(※ネタ切れって事も若干ありまして・・・(;^_^A)

沖縄本島は、👈ご覧の通り縦長なので、目的に応じて宿泊地を選ばないと、宿泊地から目的地まで1時間以上時間がかかってしまうこともあるので、滞在計画をしっかり立てた上で宿泊地選定することが重要です。目的と宿泊地が乖離してしまうと、限られた滞在時間の中で無駄な時間が多くなってしまいますので注意が必要です

今回ご紹介するのリゾートホテルは概ね本島の「く」の字に曲がった辺りの読谷村から本島真ん中辺りの恩納村、突き出た半島の根本名護市辺りまでの西側海岸に多く集中しています。

まずは沖縄旅行は大きく分けて2つの目的があるケースが多いです。ひとつはもちろん‟リゾート”を目的の主としたホテルライフをお楽しみいただく場合です。この場合でも、マリンアクティビティを堪能いただける5~10月といただきにくい11~4月時期で分かれるかと思います。
マリンアクティビティが主たる目的のお客様は、やはりファミリーが多いと思われますので、プライベートビーチを有し、かつコストパフォーマンスにも優れたホテルがおススメとなります。まずはこの条件でのおススメをご紹介します・・・

                                             

恩納村 リザンシーパークホテル谷茶ベイ
沖縄海岸国定公園に位置し、白浜が800m続く天然のビーチが目の前です。オーシャンビューを望めるスイートルームからスタンダードまで多種多様なお部屋があり、和洋中、BBQなど多くのレストランやバー、夏場のおススメですが、年中通してファミリーで楽しめるイベントを開催しています。

[公式]リザンシーパークホテル谷茶ベイ プロモーションムービー NEW
[公式]リザンシーパークホテル谷茶ベイプロモーションムービー

お部屋は環境省選定全国快水浴場百選にも選ばれたビーチを一望出来るバルコニー付きのオーシャンビューと、緑豊かな木々が日々の喧騒を忘れさせてくれるグリーンビューの設定があり、掲載のJTBパンフレットではオーシャンビュー設定のみの掲載ですが、グリーンビューの方がいくらかお安い傾向があります。

デラックスな大人のリゾートホテルではありませんが、ビーチ前、ファミリー向け、コスパ、3拍子揃ったホテルと言って良いと思います。

↑↑↑リザンシーパークホテル谷茶ベイのご予約はコチラから!
                                             

恩納村 シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
海越えのメガジップラインや県内最大級のウォータースライダー(季節営業)やプロジェクションマッピングショー、キッズプレイエリア、ロビー前のラグーン(海水池)で海の生き物に触れる体験プログラムなど、多彩なアクティビティが楽しめる滞在型リゾートです。「エッ!?そうなの?」と思われるお客様が多いのですが、沖縄のマリンリゾートホテルには、お子様向けのプールが無いホテルがほとんどです!もちろん屋外プールは多く見受けられますが、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートのように、大きなウォータースライダーを有するようなホテルはほぼありません。目の前の海で遊んでくださいってことです。が、せっかく沖縄まで来て海での遊泳に向かない天気であってもプールなら!

ホテル全景
シェラトン沖縄サンマリーナリゾート全景

東シナ海の絶景を望めるバルコニー付きのメインタワーは、全室にレインフォレストシャワー、洗い場付きバスルームや高速Wi-Fiインターネット、USBポート付きユニバーサルソケットなども標準装備しており、開放的な空間でお寛ぎいただけます。
オーシャンフロントのサウスタワーは、琉球の伝統模様やインテリアを取り入れ、沖縄らしさが香る空間を演出しております。客室はゆったり50㎡の広さを実現。またサウスタワーにご宿泊のお客様のみがご利用できるラウンジもあります。

夏季の沖縄はどうしても台風シーズンとバッティングしてしまうので、もれなく天候の心配がついてきますが、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートホテルなら、少々の天候が悪くてもお子さまも心配なくお楽しみいただけると思います!

↑↑↑シェラトン沖縄サンマリーナリゾートのご予約はコチラから!
                                             

恩納村 ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
一番のおススメは予想通りかも知れませんが、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートです。沖縄屈指の景勝地である「万座毛」とエメラルドグリーンのビーチが目の前に広がり、豊富なマリンアクティビティをお楽しみいただけます。

JTBパンフレットP50
JTBパンフレットP50
ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート 万座ハイライト
ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

お部屋は、スイート、クラブインターコンチネンタル、ゲストルームと大きく3つのカテゴリーがあり、その中でもいくつかの部屋タイプがありますが、基本的に旅行商品に組み込まれるのはスタンダードなゲストルームカテゴリーで、ゲストルームもハイフロア、スーペリア、パーシャルオーシャンビューの3種類ですが、ご紹介のエースJTBではワンランク上のクラブインターコンチネンタル部屋タイプも設定されていますので、Gotoトラベルキャンペーンが再開されましたら、ぜひワンランク上のリゾートライフをお楽しみください。

↑↑↑ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの予約はコチラから!
                                             

他にもルネッサンスリゾートオキナワ沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパロイヤルホテル 沖縄残波岬などまだまだおススメホテルございますので、ご利用の際はぜひご相談お問い合わせください!

毎日更新継続中!最後までお読みいただきありがとうございます!
最後にミミちゃんポチッとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

読者登録もいただけると嬉しいです
旅行会社の社長が毎日更新するブログ($・・)/~~~ - にほんブログ村

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました